誤嚥からの痰で苦しむよりは誤嚥予防を!

ALSの死因の大多数は呼吸不全によるもので、誤嚥性肺炎の予防が重要になります。
呼吸は、自律神経と随意筋である呼吸筋の両方が関係し、ALSで運動ニューロンが侵されると、呼吸筋が次第に弱くなって呼吸が困難になります。

誤嚥(ごえん)とは、唾液や食物、胃液などが気管に入ってしまうことをいいます。 その食物や唾液に含まれた細菌が気管から肺に入り込むことで起こるのが誤嚥性肺炎です。 健康な人では、嚥下(えんげ)の際、食べ物を食道に送るときには気道が閉じて誤嚥を防ぎ、嚥下が終われば速やかに気道が開いて空気を取り込む仕組みが円滑に働いています。しかし、呼吸機能が低下していると、嚥下の際に息苦しくなり、思わず息を吸って食べ物が気道に入ってしまいます。これを誤嚥といい、重度の摂食嚥下障害では咽頭に食べ物がつまることがあるので、注意が必要です。また、誤嚥により発症する誤嚥性肺炎になると食事がとれなくなります。嚥下障害と呼吸不全は互いに足を引っ張り合うような状況になるのです。

口の奥には唾液をためておく唾液腺というタンクが三つあります。唾液は大人だと30秒に1回飲み込んでおり、1日になんと1ℓ~1.5ℓ、この量は1日に作られる尿の量とほぼ同じだそうです。
唾液腺と位置 / 唾液 (%) / 安静時の唾液 (%)
1.耳下腺(耳の下) ほおの内側 サラサラ     /(20%) /(23%)
2.顎下腺(舌の奥) 舌下小丘 サラサラ・ネバネバ /(75%) / (65%)
3.舌下腺、舌下ひだから出てる サラサラ・ネバネバ /( 5%) / ( 4%)
4.小唾液腺、粘膜のいたるところに小さな唾液腺が存在している /( 8%)

鼻の中は鼻腺と漿液線の二種類の器官がたくさん分布していて、鼻粘膜が刺激を受けると、大量の鼻水を分泌するのですが、鼻水のタンクはありません。

誤嚥予防策
1.胃瘻手術を行い、口からの摂食を全て断つ
 私は胃瘻手術後にゼリーを食べて痰が喉頭に引っかかり、息苦しくて、この様な状態で死んでい くのかと実感しました。
2.唾液自動吸引器の使用
 私はトイレに行くとき以外は、ベッドに横たわったままで過ごしており、唾液は殆ど気になりません。
「コンセント式設置型低圧持続吸引ポンプ」は現在はこちらで購入出来ます。
http://item.rakuten.co.jp/shopdeclinic/oxim-30001/

2017年に球麻痺からはじまるALSを発症しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です