旅の思い出 四国一人旅

四国 ユースホステルに泊まりながらの一人旅 50年前のお話しです。

1日目 フェリー(神戸港~小豆島~高松)⇒栗林公園⇒金比羅宮⇒
 神戸メリケン波止場のポートタワー中ふ頭からフェリーに乗船、ドラの大きな音とともに出港。 港を出て直ぐ右側に表れたのが大きなクレーンと、川崎重工に続いて三菱重工、建造中の大きな船たちです。 しばらく大部屋でくつろいでいると、いきなり笛、太鼓、鐘の音にビックリ! 隣りの桝で旅の途中なのか、太神楽(だいかぐら)の曲芸が始まったのです。 周りを乗客が取り囲み拍手喝采です! みんなの顔がパっと明るくなりました。 幸先の良い旅の始まりで~す。

 栗林公園から琴電に乗って、のどかな田園風景を眺めながら金比羅宮へ、西日が長い影をを落とし初めています。 参道入口から蝉しぐれを聞きながら急な長い石段を上りきり、御本宮の展望台から見渡す風景は絶景で、讃岐平野の向こうに讃岐富士が見えます。

2日目 祖谷のかずら橋⇒はりまや橋⇒
 大正時代に建てられたレトロな欧風建築のJR琴平駅から乗車し、大歩危駅で下車してバスに乗車、バスの中は若い世代で熱気ムンムンです。 しばらくすると険しい渓谷の向こう側に、どうしたら辿り着けるのかと思われる所に小さな集落があります。 そして200mも落差のある絶壁には小便小僧が立っていました。 この小便小僧はこの道路建設に従事した、作業員の肝試しが元になっているようです。

3日目 桂浜⇒龍河洞⇒室戸岬灯台⇒最御崎寺⇒
 桂浜から完成直後の浦戸大橋1,480mを歩いて渡りました。 この橋はオールコンクリート製で、シンプルで、まるで白い巨大なスベリ台のようです。 真夏の昼時でしたが、車にも誰にも出会いませんでした。 周りに大きな建物が無く、太平洋の雄大な景観をまるで空中から覗き込んでいるようです。 パソコンで検索すると、最近この橋は自殺者が多く、自殺者の霊が度々目撃されているそうです!。

 龍河洞から電車とバスを乗り継ぎ、室戸岬に着いたころには日が沈み、月夜の明かりを頼りに、熊笹をかき分けながら最御崎寺に辿り着きました。 外国の宿泊客が、目を輝かせながら精進料理をカメラに収めています。

4日目 日和佐薬王寺⇒屋島寺⇒フェリー(高松~小豆島~神戸港)
 四国で最後の食事をと、高松の製麺所に行きました。 入口は開けっ放しで暖簾もなく、敷居を跨ぐと、そこは椅子も机もない広い土間。 竃に二つの大きな茹釜があり、そこから湯気が湧き上がっています。 ここは全てがセルフサービス、自分でうどんをてぼに入れ湯通しし、出し汁を入れて立ち食い、料金30円を笊に放り込むのである。 とにかく安い! 立ったまま食べる讃岐うどんには、戸惑いましたが美味かった。

2017年に球麻痺からはじまるALSを発症しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です