私の病歴とALS

ALSの原因は未だに不明ですが、私の病歴から考えて見ました。
①神経の衰弱?
48歳の時に頭を強打して頚椎椎間板ヘルニアで右手が痺れ、60歳の時に左足裂傷(草刈り機で7針の傷)。
以降、物忘れや痴呆症ぎみになり、あくびが良く出る、手足に力が入りにくい、ロレツが回りにくい、何か解らないが身体に違和感がある、冬場なのに汗をかく、脈が速い、仕事中に頬杖をつく、足のこむら返り、背中の同じピンポイントで蚊が刺したような痛みを感じる、服のボタンが留められない、体重の減少、大泣きした後のようなひくつき、顔面のぴくつき

②胃腸の不調?
赤ちゃんの身体の中で一番最初に出来る内臓器が、腸である事からも一番大事なことが分かります。腸内フローラとよく言われますが、人間の腸内には3万種類の細菌が100兆〜1000兆個もいて、その重量は1.5〜2㎏にもなるそうです。

リーキーガット症候群とは、未消化の食べ物や腸内悪玉菌の増殖、食品添加物や農薬、などによって腸の粘膜に穴があいてしまい、本来排除されるはずの有害物質(毒素)が体内に取り込まれてしまう状態のことです。特に未消化になりやすい小麦に含まれる[グルテン]、乳製品に含まれる[カゼイン]、大豆製品に含まれる[サポニン][レクチン]、原因はこれらのたんぱく質を分解する酵素の不足だと言われています。

ALS患者でグルテンフリーの食事をすると症状が改善したという報告もあることから、私も半年程グルテンフリーの食事をした結果、その間は胃腸の調子も良かったのですが食事を作る手間と費用がかかるので食事療法を断念し、腸内環境を整える為に半年間お腹のマッサージを毎日続けました。消化酵素であるベリチームは、飲むのを止めると筋肉のピク付きがひどくなったので続けています。お陰で便も硬くなり食欲も出て、足裏のツボを押しても痛く無くなりました。

私は子供の頃から胃腸が弱く、アイスクリームを食べると直ぐに下痢をしていました。
ALS発症前は朝は食パン昼食にインスタントカレーやラーメンを食べていたからか、明らかに消化不良で便がグリース状態で、便器にベットリくっ付いて流れない状態でした。

2017年に球麻痺からはじまるALSを発症しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です