インディージョーンズの大冒険

「2015年05月31日天気快晴なれど道険し」 南紀勝浦温泉から国道42号線で新宮市[168号線]瀞峡[169号線]北山村⇒下北山村⇒上北山村[309号線]天川村⇒面不動鍾乳洞⇒ 対向車に遭遇することもなく…まるでスピルバーグ監督映画のインディ・ジョーズ並みのスリルあるドライブでした(落ちたら死ぬの看板にギョ!!

私達は南紀白浜を観光して勝浦洞窟温泉旅館に一泊し、帰路のドライブコースを決めたのは妻でした。十津川村は長い吊橋が怖くて渡れなかったとのことで、鍾乳洞が見たいと言う事になりました。
カーナビで検索すると所要6時間と表示される!ま何とか帰れるかなと気軽にダイハツアトレー7でスタートしました。新宮市から宮井バイパスまでは二車線で快適なドライブです。ところが突然道幅が3.5mの山道に一変したのです。標識もありません。これが国道169号線かと不安になりながらもしばらく走ると、またまた突然立派な峰トンネルと葛山トンネルが現れたのです、対向車は一台もありません。そして、北山川が一望できる展望台で一休みをしたのですが、そこにも人は誰もいません。それからまたまた険しい道に逆戻りです、そこで出会った車が若者二人が乗ったミニクーパーでした。こちらを見てインディージョーンズだと指を指しています (まさにそう見えたのでした)。
後から分かったのですが、私のカーナビが最後の旧国道169号線奥瀞道路Ⅱ期工事の真っ只中に迷い込ませてくれたのでした。
とても細い道が続いており、素掘りのトンネルも数か所あり、落石や路肩崩落などの災害も多い国道で落石だらけです。道沿いにはお店やガソリンスタンドは全く見当りません、運転に慣れている方でも非常に危険な国道です。私にとってはインディージョーンズさながらの手に汗握る大冒険でした。

近畿地方整備局の資料によりますと
奥瀞道路は2011年7月の台風6号の土砂崩れで一年間通行止めとなる。
北山村から新宮市熊野川町にかけての国道169号における交通不能区間を解消し、北山川の瀞峡に沿って通る狭隘・線形不良区間かつ災害多発区間における抜本的解決を図るため、建設・改良工事が進められました。線形不良区間および異常気象時通行規制区間については、トンネルおよび橋梁を建設して現道の拡幅改良工事が行われました。
Ⅰ期区間:和歌山県東牟婁郡北山村小松 – 和歌山県新宮市熊野川町玉置口間の路線長:約6.3 kmは2008年7月に供用済、供用前は徒歩でしか通行できない、車では通行不能だった区間が含まれます。
国道169号線最長の瀞峡トンネル(延長2,049 m)が2008年7月12日開通しました。
宮井バイパスは、四瀧トンネルを含む区間が貫通し、2009年3月に全線が開通しました。
宮井大橋は、2009年度より架け替え事業が開始、新しい橋は2015年8月30日に開通しました。
奥瀞峡Ⅱ期工事は2015年9月13日に完成しました。

2017年に球麻痺からはじまるALSを発症しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です