我が幼少期の生活と遊び

私は団塊世代から2年後の1951年に、3人兄姉の末っ子として生まれました。 親は農作業に忙しく、一人で泣き叫ぶ赤子に向こう隣りのお婆さんが、ミルクを飲ませてくれたのを今でも覚えています。 周りには兄さんや姉さんが沢山いて何かと面倒を見てくれました。 ラジオドラマで「笛吹童子S28」「紅孔雀S29」「少年探偵団S31」「赤胴鈴之助S32」を聞き、テレビドラマは「月光仮面S33」「三太物語S36」では、渡辺篤史さん演じる “おら三太だ、おらの家は水車小屋~” の歌声が耳に残っています。 昼間は大人も子供も外にいて、村中に人の気配がありました。 ほとんどの遊び道具は自分で作りました。
(団塊の世代:第二次世界大戦直後の1947年~1949年に生まれた第一次ベビーブーム世代)

わら草履: 祭りや運動会では、まだわら草履を履いて走っていました。 この頃、足袋の底面にゴムを貼り付けたマラソン足袋が発売されましたが、使い捨てでした。
まくり: 小学校では、虫下し用の海藻のマクリを大きな ”ちゃびん” で煎じてアルミコップで飲みました。 独特の臭気があり飲みにくかった。(腸には沢山の回虫が寄生していました)
べことり: お寺境内の軒下にある蟻地獄で “べこべこでてこいよ” と言いながらべこを捕まえました。(成虫はウスバカゲロウ別名極楽とんぼ)
綱引き: オオバコの茎同士を絡めて引っ張り合い、切れた方が負け。
亀捕り: 河原の草むらに潜む亀を探して捕まえました。
べったん: 地面の相手のべったんに自分のものをたたきつけ、横から風をおこして相手のものを裏返しにすれば勝ち。(べったん=めんこ)
こっちん: 厚くて、丸くて、少し小さめのべったんの角をねらって、自分のものを面ではなく、角同士を当てて裏返しにすれば勝ち。
ミュージックサイレン: 夕方の5時になると「夕焼け小焼け」の音楽が9kmも離れた山里までよく聞こえました。
チャンバラごっこ: 木の棒を削って刀を作り、模造紙でのぼり旗を作って、山でチャンバラごっこをしました。
かくれんぼ: 日が暮れるまで隠れてたら、誰もいなくなっていました。
そりスベリ: 山の谷間に積もった木の葉の上を、自分で作った “そり” で滑りました。 木にぶつかり失神状態になる!
くぎさし: 地面に五寸釘を刺して線を結んでいき、相手を取り囲む陣取りゲーム。
ビー玉: 地面に穴を掘り、ビー玉を指ではじいて入れていき、最後の穴に早く入れた方が勝ち。
おはじき: おはじきを、親指ではじいて相手のおはじきに当てれば勝ちです。
竹馬: 自分で作った背の高い竹馬は、バス停の屋根から乗り降りしていました。
けんけんぱ: 地面に輪を描き輪が一つの場合は片足で、二つの場合は両足で踏んでいきます。
福玉鉄砲、杉玉鉄砲: しのべ(矢竹)で鉄砲を作り、筒の両端に球(福玉草または杉の実)を押し込み、片方の球を押し込むと、反対側から “ポン”と勢い良く球が飛び出します。
舟: かまぼこの板を削って作った舟や笹舟を作り、小川で競争しました。
ロケット: アルミキャップにセルロイドを詰め込んで薪ストーブの上に置いておくと、セルロイドが発火してアルミキャップが勢い良く飛んでいく(大変危険なので禁止された)。童謡 青い眼の人形でお馴染みのセルロイドは燃えやすく、おもちゃ・文房具などに用いられていました。
魚とり: 丈夫な竹枠の網での魚とりは、小川でも沢山捕れました。
やごとり: 小川でオニヤンマのやごを捕り、ふ化するところまで観察しました。
川遊び:  岩場から 冷たい谷川の滝壺に飛び込み、唇は真っ蒼、まくわ、トマトも一緒に冷やしていました。
手榴弾: 煙硝玉ピストルの球をナットに押し込み、両側からボルトで軽く締め付け、これを地面に投げつけると、衝撃で “パーン” と音がする。
自転車の三角乗り: 大人用自転車の三角フレームに足を入れて、傾いた状態でペダルをこぎ乍ら、隣町まで行きました。緊急のパンク修理は切手を貼ってしのぎました。
肝試し: 昼間は山藤のつるにぶら下がりターダンごっこ、夕暮れどきには木馬道で肝試し。
せみとり: 竹ざおの先端に針金で輪っかを作り、くもの巣を巻き付けた網で、せみとりをしました。
クワガタとり: 山でミヤマクワガタ・ノコギリクワガタ・オオクワガタ・コクワガタ・オニクワガタやカブト虫を捕りました、クワガタは栗林の大きな木を蹴ると、ボトボトと落ちて来ました。まるで栗拾い、ではなく虫ひろいでした。
白鷺山の卵とり: 鳥の糞で白くなった木々によじ登って巣の卵をとり、木を降りたらポケットの中は、潰れた卵でグッチャクチャ。
竹の皮ひろい: 竹藪に、鯖寿司を包む竹の皮を拾いに行きました。
松茸とり: 一回行くと松茸かご一杯採れました。松茸ご飯、焼き松茸、香りと食感が最高でした。
スズメとり: 竹ざるの片側を、長い紐をつけた棒で支え、冬の庭に来るスズメを捕まえて飼ったのですが、すぐに死にました。
雪合戦: 学校帰りの田んぼで雪を丸めたボールの投げ合いです。
富士山: 雪を固めて上から下に両足を滑らせ、富士山の形を作っていきます。
かちわり: 丸めた雪を足でころがしながら、雪と泥を交互にコーティングさせた球を、一晩外で凍らせる。お互いの凍った球をめがけてかつけあい、割れたら負け。(かつける=ぶつける)
河原にジャンプ: 大きな橋の上から河原の砂州へジャンプ。
ポン: 牛乳瓶の蓋を机に載せ、手の平で机をポンと叩いて風を起こし、蓋がひっくり返ったら勝ち。
おやつ: こんめ・ぐみ・ナツメヤシ・びわ・いちぢく・柿・焼き栗・焼いも・畑のキュウリ・えんどう豆・野いちご・アケビ・ヤマグワ・ヤマブドウ・ガマズミ・イタドリ・マツグミなどを採って食べました。
石ひろい: 水晶山・火打石山・河原で石ひろい。
松やにとり: 山の松の木に登って松やにを採取、やにで服はベットベト。

2017年に球麻痺からはじまるALSを発症しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です