手術後の経過-①

7月20日(土)
手術直後は出血もなく順調でした。
胃液に血の交じった少し黒ずんだ液が、チューブから出て来ました。
暫くして、胃液の黒ずみもなくなりました。
傷口にガーゼがくっ付いたのか、ガーゼを交換する時に痛かった。
その後出血が止まらず、ベットリ血の着いたガーゼを交換しました。
7月21日(日)
だいぶ出血も止まって来ましたが、夕方になるとガーゼの半分ほどに血が付いていました。
未だ一日中点滴をしています、点滴で腕が冷たくなり、少し痛い。
口の中を看護師さんに掃除してもらい、へばりついた痰も取ってもらいました。
口の中がカラカラに渇くので、つばき油を塗ってもらいました。
体中に小さなつぶつぶが出来て痒いが、何処にも手が届かない、布団に体をこすり付ける。
7月22日(月)
体を動かすと、傷口が引っ張られて痛い。
まだ、ガーゼの半分ほどにベットリと血が付いています。
看護師さんに口の中を掃除してもらい、へばりついた痰も取ってもらいましたが、なかなか奥の方のネバネバがとれません。
6日ぶりのうんこが出ました。
7月23日(火)
まだ、ガーゼに少し血が付いています。
唾液でむせたので、看護師さんに口の中を掃除してもらいました。
今回はなかなか唾液のむせが取れません。
少しだけ粘っこい唾液が次から次へと出てきます。
ベッドを水平に戻してようやく唾液が収まりました。
7月24日(水)
まだ、胃液の量が多くて、薬で調整中のため、しばらく点滴が続きそうです。

今日は何事もなく無事に終わることが出来ました。

2017年に球麻痺からはじまるALSを発症しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です