胃婁手術を決断!

胃瘻とは、口から食事をとることが困難になった人が、胃から直接栄養を摂取するための医療措置のことです。
この病気になってから、尊厳死協会にも入会して頑張って来ました。 しかし、一人で食事するのも限界に近く、痰が喉に引っかかるのも頻繁になりました。
家族の説得もあり、この度の誤嚥性肺炎で苦しむよりは、胃婁手術で食事の負担を軽減する事にしました。

理由
①身体の自由が全くきかず、何も出来ずに長生きしても意味がないと思っていましたが、パソコンの視線入力に出会い、ブログを作成して投稿することに生き甲斐を見つけました。
②家族に迷惑を掛けたくないと思っていますが、家族からの説得に応え、7月19日(金)に手術することに決まりました。
手術後3日間は点滴になり、その後は胃婁とゼリーになるようです。

2016年65歳の時にロレツが回りにくい、時々体に違和感を感じるから始まりました。 2017年1月には服のボタンが留められなくなり、その年の9月にALSの認定がおり、日本ALS協会に入会し、尊厳死協会にも入会して胃瘻や人工呼吸器の手術は受けないと決意する。 2019年7月 ギリギリまで頑張ったのですが、食事を飲み込むのが苦しくなり遂に 胃瘻手術を受けました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です