食事に苦戦

だいぶ筋肉が落ち頭が重くて首をあげられない、腕の関節も痛い、指が曲がりスプーンも握れない。
食事も噛めないので喉に引っかからないように、トロミをつけたお粥をスプーン毎に飲み込み、うらごししたおかずは大き目のスープカップに入れて、お茶で薄めながら飲んでいます。
カップを持つ手は震え、口を開くとよだれが滴り落ち、鼻水が出るわで食事する時が一番苦痛です。 それでもお粥に磯のりをつけて食べるのが最高に旨いです。 最近、唇までピクツキ始めましたが、これ以上瘦せないように頑張って完食しています。

嫁がストレス太りでお腹が出っ張り、息が上がり心筋梗塞を心配していたので「お肉を食べると早くお腹がいっぱいになって肥えないそうな」と(パソコンに入力し発話キーを押してパソコンが女性の声で)言ってやりました。

2016年65歳の時にロレツが回りにくい、時々体に違和感を感じるから始まりました。 2017年1月には服のボタンが留められなくなり、その年の9月にALSの認定がおり、日本ALS協会に入会し、尊厳死協会にも入会して胃瘻や人工呼吸器の手術は受けないと決意する。 2019年7月 ギリギリまで頑張ったのですが、食事を飲み込むのが苦しくなり遂に 胃瘻手術を受けました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です