意思伝達の難しさ②

バイパップのマスクの取り扱いでの意思疎通! 病院では多くの看護師さんや介護士さんが交代で勤務されており、喋れない私が状況をうまく伝えるには、意思伝達掲示版に書いた内容をいかに理解してもらえるかなのです。今回、以下の状況を… 意思伝達の難しさ② の続きを読む

誤嚥からの痰で苦しむよりは誤嚥予防を!

ALSの死因の大多数は呼吸不全によるもので、誤嚥性肺炎の予防が重要になります。 呼吸は、自律神経と随意筋である呼吸筋の両方が関係し、ALSで運動ニューロンが侵されると、呼吸筋が次第に弱くなって呼吸が困難になります。 誤嚥… 誤嚥からの痰で苦しむよりは誤嚥予防を! の続きを読む

痰が喉に引っかかり息苦しさにのたうちまわる

8月13日(火) 直ぐに胃瘻を開始してもらうよう、看護師さんから先生に頼んでもらう。 バイパップのマスクの紐を短いサイズに替えてもらい、鼻に当たって痛かったのが解消出来ました。 昨日と今日の晩に、ラインで送ってくれた仏壇… 痰が喉に引っかかり息苦しさにのたうちまわる の続きを読む

ついに体重が40㎏に!体重の減少と病状の変化

  年/月 病状 2015/10 ロレツが回りにくい、時々体に違和感を感じる。 2017/01 服のボタンが止められない。 2017/05 栄養補給のため、エンシュアリキッドを1日2本飲み始める。 2017/07 胃腸の… ついに体重が40㎏に!体重の減少と病状の変化 の続きを読む

住人の声は般若心経

この階は、ほとんどの人が寝たきり状態です。 あちらこちらから、毎日のように聞こえてくる住人の声 「オーイ オーイ、ア~ア~、ウォ~ウォ~、チョト~チョト~、イタイ~イタイ~、ダレカキテ~ダレカキテ~、ウッモ~ウッモ~、ギ… 住人の声は般若心経 の続きを読む

手術後の経過-②

7月29日(月) まだ点滴は一日中ですが、胃瘻手術後初めて昼に胃瘻トロミ流動食メイフロー223mlを流し込む。 微熱37.4℃があるので風呂は中止です。 右耳が詰って ”ボー” と耳鳴りがする。 痰は詰まらなくなった、少… 手術後の経過-② の続きを読む

我が幼少期の原風景

私が生まれた日置村は1955年に3ケ村が合併して城東村となる。 面積 60k㎡、人口 6千人程の小さな山里でした(丹波篠山市の一部分)。 この頃の人と人の繋がりは非常に緊密で、色んな組織が活発に絡み合いながら活気に満ち溢… 我が幼少期の原風景 の続きを読む

我が幼少期の生活と遊び

私は団塊世代から2年後の1951年に、3人兄姉の末っ子として生まれました。 親は農作業に忙しく、一人で泣き叫ぶ赤子に向こう隣りのお婆さんが、ミルクを飲ませてくれたのを今でも覚えています。 周りには兄さんや姉さんが沢山いて… 我が幼少期の生活と遊び の続きを読む

長崎まで乗換案内で、ルート検索をしてみました

私の若いころは寝台特急 “あかつき” で長崎まで出張していました。 早朝に到着し、打合せを済ませ、帰りも寝台特急を利用していました。 (“あかつき”は2008年に運行終了)… 長崎まで乗換案内で、ルート検索をしてみました の続きを読む