我が幼少期の原風景

私が生まれた日置村は1955年に3ケ村が合併して城東村となる。 面積 60k㎡、人口 6千人程の小さな山里でした(丹波篠山市の一部分)。 この頃の人と人の繋がりは非常に緊密で、色んな組織が活発に絡み合いながら活気に満ち溢れています。 常に人の行き来があり、沢山の子供たちの声も聞こえて来ます。

とんど焼き: 正月の しめ縄や御札を一ヶ所に集めて燃やし、周りで人々が餅を焼いて食べています。
田んぼ鋤き: 牛に鋤を引っ張らせて田んぼを鋤いています。 遠くの山では、炭焼きの煙がゆるゆると立ち上っています。
肥えたんご: 下肥を入れた肥えたんごを担いで、畑に撒いています。
荷車: いろんな物を積んだ荷車を引っ張りながら通り過ぎて行きます。
遠足: 端午の節句になると、年長者が小さな子供を連れて近くの山に遠足。 山では松の木のてっぺん迄よじ登り、カラスの積み木の実を取って食べました。(マツグミ:赤松の宿り木で緑色の実は粘り気があり、噛むとチューインガムのようだった)
ござ: 田んぼに長いござを敷き詰めて、天日で脱穀した麦を乾燥させます。 時々、とんぼでかき混ぜます。
田植: 近所の人に手伝ってもらって、手で苗を植えていきます。
除草: 手おし式の草取り機で、田んぼの草取りをしています。
夏祭り:  夜になると、 公民館から笛・かね・太鼓・三味線の音が聞こえて来ます、祭り囃子の稽古中です。 お祭りの日には親戚を呼び寄せ、親父が絞めた鶏のすき焼きです、臓物が美味かった。
娯楽: 近くのお寺では青年団主催の映画「怪談化け猫屋敷」で怖がり、檀家主催の「旅芸人一座」の子役の芝居に拍手喝采!
蚊帳(かや):  麻で作った大きな網を寝床の上に吊り下げて、蚊の侵入を防ぎます。 遠くから汽笛が”ポー”と聞こえて来ます。
近くのお店: 駄菓子屋さんと豆腐屋さんの2軒だけでした。
近くの職人さん: 大工さん、左官屋さん、従業員二人の精密金網工場、下駄を作っている人もいました。
ポン菓子: リヤカーに機械を積んだ自転車に乗って、ポン菓子屋さんが来ました。 お米を持っていくと、圧力釜に砂糖と一緒に入れて回転させながら加熱し、大きな爆発音とともにポン菓子が!
紙芝居: 自転車に乗って紙芝居屋さんが来ました。 お菓子を買わない子は遠くから見ていました。
行商人: 自転車に乗ったアイスキャンディー売りや、手押し車に海産物を積んで ”腐っても鯛や” と 臭いのきつい魚も売っていました。
富山の薬売り: 各家庭を回って配置薬を置いていました。 結婚相手の紹介なども。
太神楽(だいかぐら): 各家庭の おくどさん(かまど)の前で 笛・チャッパ(シンバル)に合わせて獅子舞が舞い、祈祷してもらいます。 村の広場では曲芸が披露され、拍手喝采です!
魚とり: 秋が終わると大池の池干しです。 住民総出の魚とりは、大きなうぐい(直径1mの底のない竹藪)や、しっかりした竹枠の網を使い、うなぎ、ふな、もろこ、なまず、どんこ、どじょう、ぬまえび、からす貝、菱の実、 を捕りました。
伊勢講: かぶち(同族)で、毎年交代で食事会をひらいていました。 (元はお金を出し合って、代表者が伊勢参りをする会)
夜回り: 夕方になると、子供が拍子木を叩きながら、”魚焼いても家焼くな~” と大きな声で 回っていました。
稲刈り: 手で刈り取った稲を束ねて、稲木に掛けています。
千歯扱き (せんばこき): 稲刈りが済んだ田んぼで、豆の脱穀をしています。 (爪の付いた足踏み式回転ドラムを回転させて脱穀する農具) 
唐箕 (とうみ): 田んぼで、唐箕を回して穀物の選別をしています。(後ろから風をおくり、軽いゴミなどを遠くに飛ばして選別する農具)
もみ焼き: 籾殻を集めて火をつけ、真ん中に土管の煙突を立てて、燻炭を作っています。 温度は300℃程度なので、焼いもが見事に美味しくやけました。
リンゴ売り: リンゴをトラックに積んで 、青森から売りに来ていました。
みかん売り: みかんをトラックに積んで 、 有田から売りに来ていました。
火事: 冬の夜、火の見櫓の半鐘が鳴り響き、消防団の人たちが消防ポンプを引っ張って走って行きます。 後を子供たちが追っかけます。 3km走ったそこには大きなお寺が燃えていました。
農閑期: 雪の降るころは、竹籠を作ったり、藁草履や むしろ(藁で編んだ敷物)を作っていました。
日役: 道作り(傷んだ道の補修作業)、川掃除、墓掃除、墓堀当番、村山の植林。
寄り合い: 全戸の代表者が公民館にあつまり、色んな行事や会合を行っていました。
結婚式: 家の仏前で結婚式を挙げ、集まってきた人に瓦せんべいを配っていました。
お葬式: 墓場までチン・ドン・シャン(かね・太鼓・シンバル)の音と共に20~30人の大行列です。

2017年に球麻痺からはじまるALSを発症しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です